ニャダコのTrip Do +


by nyadaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

明日出発!

空港宅配の福山通運さんが荷物を持っていってくれた。楽ちん♪

もしかしたら1日しか着ないかもな新しく買ったビキニと、てろてろワンピと、キャミパンを100均で買った圧縮袋に詰めて、パッキンして鍵をして。
ほんで気が付いた。

充電器ぃ〜〜!

デジカメに、携帯に、iPodと携帯スピーカー。
それと、Go!Con(ゴーコン)&トランスフォーマ(変換プラグと変圧器)
年々増えますねぇ。電化製品。

なきゃないで、いいのかもしれないけど、便利なんだもの。

この電化製品と、パスポートとクレジットカードと少々の現金があれば、世界中どこでも大丈夫っちゃぁ大丈夫。
パンツだって、水着だって、服だって、現地調達可能なんだけどね。こだわらなければ。

前回のハワイでは現地で水着を買った。
だけどさぁ、ハイビスカス柄ばっかりだし。しかもサイズがでかかった。
海に入ったら、下がズル〜〜ンと脱げちゃった(ポッ)
なので今回は日本で水着は買った。

化粧品は、成田の免税で。

南の島は、荷物が少なくていいねー。


ハワイ島は四国の半分くらいの広さ。
島一周もやってやれない事もない。
でもね、キラウェア火山が道をふさいで走れなくなってたりするのよね。
そう、ハワイ島は火山の島。今も活きてる。
日本だってどこだって、同じ地球上だもの、ついつい忘れちゃいそうになるけど、地球って活きてるんだよねー。
デッカイ地球を感じて、ちっちゃい自分を感じてこよう。
人間なんて、ちっちゃいもんさ。大きく見せようたって、小さい小さい。


今回のハワイは全日レンタカー!




カイルア・コナ(島西側)の街を周回してるトロリーバスを足にしてた。
日に何度も乗ると、運転手さんは同じ人。
そうねぇ、少し拭けたニコラス・ケイジっぽいドライバー。

ある日のこと。

ニコラスの隣りに金髪の女の人がずーっと寄りそって話をしてた。
往復の間中。自分が乗ってなくても通り過ぎるトロリーバスを見かけてチラッとみると、やっぱりその女の人がドライバーの横に立ち、ずーっとなにやら話してる。
ふたりはどんな間柄かしらって、すっごい興味が沸いて、いろいろ想像してみた。
小さな街だし、もし不倫だったらすぐ噂になっちゃう。
だからきっと、バツイチ同志のカップルなんじゃなかろうか。
デス妻3でいうところのカルロスとイーディみたいな。
デス妻3の終わり方、ちょっとちょっとイーディ〜〜〜〜!!!!って感じだったけど、あのトロリーバスのカップルは、今も変わらずシアワセでいて欲しいな〜。

トロリーバスったら、本数少なくって、
なぜならニコラスが行ったり来たりしてるだけだったりしたから。
移動したいのに、バスがこない時、どう見ても地元の赤いダットラ(ダットサントラック)に乗った父親と息子(中学生くらい?)が通りかかったので、「今だ!」と思わず親指を立てて手を挙げたら止まってくれて、ダットラの荷台に黒いゴミ袋とサーフボードと共に乗っかりホテルまで送ってもらったのでした。
わかるもんだね。いい人って。
親子なら絶対どこかに連れていかれないって思ったんだよね。
それが若い人同士が乗った車だったら、ヒッチハイクはしなかっただろうねぇ。

ホテルまで乗っけてくれて、その後なにごともなかったように「じゃっ」ってお別れしたのでした。
[PR]
by nyadaco | 2008-04-02 17:57 |  ├旅の支度