ニャダコのTrip Do +


by nyadaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ワイピオ渓谷 ( 1 ) タグの人気記事

Waipio Valleyを馬で行く!

04 April 2008 - 2st day #02

ワイピオ渓谷はハワイ島の北部空から見ると緑しか見えませーん!

ワイピオ渓谷はカメハメハ大王の故郷だそうで、王家の谷とも呼ばれてるそうです。
かつては栄えていた町も1946年の津波による被害で、多くの住民がこの地を離れたのだそう。

e0144890_22402215.jpg

またもやタイムスリップしたような気分の小さな町を通りすぎ、なんとかワイピオ渓谷に到着した時、ポツポツと雨が...。

ハワイというと、あんまり雨も降らなそうに感じるけど(実際ホノルルの晴天率は70%)、ハワイ島は島の北東から吹く貿易風(トレードウィンド)が標高4000m級の大きな山々にあたる為、島の東側はよく雨が降り降雨率は40%。そのおかげで緑も豊か。
逆に西側は晴天率も高く山の中腹を除いて、海の側なんかは緑も自生しているものじゃなかったり、ホテルの緑が眩しいのは、雨のおかげじゃなく夜になると毎日放水しているからなんですって。

雨は、どんどん本降りモード...気持ちはブルーに。
オマケに寒い!

乗馬ツアーに参加する人達もどんどん集まって来た。
アメリカンファミリーに、チャイニーズカップル(新婚さんか?)、アメリカンカップルとわたし達。
ガイドはロコの陽気なお兄さんと金髪美人のお姉さん。(って、たぶんふたりとも年下だけど)



集合場所から、ワゴンに乗り換えお馬さんのいる渓谷の下の方へ。
豪雨と言ってもいいくらいの降り方だったから、デジカメは車に置いてちゃちいけど携帯のカメラでちょこちょこ撮ろうと携帯を持っていざ出発!

e0144890_22594616.jpg

ごらん、あれが落差約360mのヒイラヴェの滝(HILAWE FALLS)
ハワイ島で一番大きな滝なんですって。滝大好き!
写真の真ん中の白いのがソレね。オホホ、携帯のカメラ、ちゃっちいわ...。

ガイドのロコの兄さんが、みんなに「バンザイして」っていうから、車の中でバンザイすると、兄さんまでハンドルから手を離してバンザイしながら、「傾斜45度はあるんじゃね?」ってくらいのものすごい傾斜を下ってく。しかも道幅狭ス。ほんでオフロードカーしか行けないよな舗装悪しな道ですよ。
でも、みんなキャーキャー言って楽しんでる。


e0144890_2321536.jpg


心配した雨は、渓谷の下の方に行ったらやんでくれた。
さすが王家の谷、訪れたわたし達にちょっぴり試練を与えたのかしら。
雨が上がって、あぁデジカメ持ってくればよかったとまた思うわたしなのでした。

そして、お馬さん達がいる所に到着。
e0144890_2391029.jpg

雨の後、これだけの緑に囲まれてるとマイナスイオンだらけって感じで本当に気持ちがいい。

そして、それぞれ免責の書類を渡され、英文だったのでチンプンカンプンだったけどサインして、ロコのガイド兄さんが、馬に乗る注意を説明してくれて、1頭ずつ馬を連れて来ては、参加者に割り振ってくれた。
小さな女の子には優しい馬を。男の人には力が必要な馬をってな具合に。
そして、わたしが呼ばれて馬に乗ったら、

「She is LAVI. Troublemaker」って...。

トトト、トラブルメーカーちゃんのラビちゃんですか!?
ぎゃふん。ドキドキ。
問題起こしたら、力強く手綱を引くんだよって。
あと手綱を短めに持つようにって追加でアドバイスを受ける。

「よ、よ、よろしくね。ラビちゃん」
e0144890_23102746.jpg


とは言ってもほとんどが初心者のホースライドですから、そんな...大丈夫よね。ラビちゃん?
って思ってたら、さっそく別のお馬さんのお尻を囓ってた。あはあはは。
そういうトラブルメーカーさんなのね。ツアーの間も他の馬に近づきすぎると他のお馬さんのお尻をカプリ。

e0144890_23232486.jpg

お馬さんのお尻、ピッカピカのツヤツヤだから囓りたくなる気持ちもまぁわかりますけど(笑)
小さな女の子も参加してたから、そのコの馬が暴れちゃったら大変!
ガイド兄さんの言いつけを必死に守るわたくしなのでした。


e0144890_232512.jpg

所々の絶景ポイントでガイド兄さんが写真を撮ってくれた。
大自然満喫ッス。

e0144890_23423648.jpg


e0144890_23235320.jpg

cokecoccoちゃんと


e0144890_2326172.jpg

後半はだ〜いぶラビちゃんとの呼吸も合って、自生していたハイビスカスを1輪頂戴して付けてみました。

ワイピオ渓谷を行くツアーは、馬に車に場所に徒歩にとアレコレあるけど、お馬さんツアーを選んで正解!
日本人はだいたい車のツアーで、トラックの荷台に数人乗って回ってた。
ツアートラックとすれ違うたびに、馬に乗るわたし達の写真を高級そうなデジカメでパシャパシャと。
「おねが〜い、その写真、後で送ってくれ〜」と、心の中で叫ぶわたしなのでした。


ツアーの後、

誰でもガイドブックのような美しい写真が撮れるワイピオ展望台でデジカメでパチリ。
e0144890_2331501.jpg

トレードウィンドや波が、長い時間をかけて作った渓谷。
自然ってやっぱすごいね。
[PR]
by nyadaco | 2008-04-22 23:35 | ├2nd day