ニャダコのTrip Do +


by nyadaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
05 April 2008 - 3rd day #01 go to Mauna Kea Part 01


へへへ。放置しちゃった。テヘ。

3日目の朝食はコナベイ沿いのジャバ・オン・ザ・ロックでサーモンとクリームチーズのベーグルとコナコーヒーで。
e0144890_14115997.jpg

ケーパー大好き♪

3日目は標高4,205mの太公望ハワイのマウナ・ケアの山頂ツアーに参加。
エベレストは標高8,844.43mで標高はエベレストの方が高いんだけど、マウナ・ケアの海底からの高さは10,203m。なんとまぁ地球上で一番高い所に車で行って、星空観測へ。
気合いを入れなきゃとホテルの部屋で逆立ちをば。
e0144890_14171185.jpg

ホントは、前日の乗馬やドライブやらフライトやらでちょっと腰に違和感。
星空ツアーは長時間なので、お出かけ前にちょっとでも腰をね、スッキリさせたくて逆立ちしてみた。


昼にホテルまで太公望のワゴンが迎えに来てくれて、他のツアー参加者を各ホテルまでお出迎えしていざ出発。
ガイドは日本とアメリカのハーフ・ANDYさん。16歳まで横浜に住んでたそうで日本語ペラペラ。


2日目も通ったパーカーランチをひた走り、
e0144890_14204445.jpg

あの山を目指す。山頂にはうっすら雪が。

なにしろ高い山の上まで車で行くのだから、高山病予防の為に途中途中で車を止めて休憩しながらすすんでく。
e0144890_14225312.jpg

遠くの青いのは海ですよ。馬も写ってるんだけど。いちお。

馬や牛はもともとこの地に居たわけではなく、もちろん人が生活の為につれてきた。
元々は自力で飛んでこれる鳥や、鳥がフンとして運んできた植物などが自生していた土地だったけど、人間が運んできた馬や牛、犬や猫によって生態系は大きく変わったのだそう。
元々この島にいた動植物達は外敵も少なかったから、外敵から身を守るようにはできてなく今では絶滅したり絶滅寸前だったりするんだって。


休憩すませて再び走り続けること40分くらい。

次の休憩は溶岩の地
e0144890_14244973.jpg

真っ黒い溶岩はまだ若い溶岩なのだそう。時間の経過と共にどんどん色が赤茶けていく。
この溶岩はマウナ・ケア山のものではなくて、トナリの長い山マウナ・ロア山のもの。


e0144890_143193.jpg

雲がとっても近い。
これだけの溶岩に囲まれた中にも木が1本。
「あんた強いね」と心で木に賛辞を送る。


e0144890_14323986.jpg

正面のポチっとしたのは、噴火口の跡。
ほんで、見切れてるけど右側はほんの少し緑が。
溶岩が流れてきた境目なんだなーと、感心する。
ハワイの溶岩たちは、結構スピーディーじゃないらしく、ゆっくりゆっくりと進む。
それを繰り返して、この島はどんどん成長してきたんだよね。
地球って凄い!地球って生きてるんだよね。

Charles & Ray Eames夫妻のPowers of tenのことをふと考えた。
Powers of tenは1977年に家具で有名なイームズ夫妻が教育の為に作った映画。
公園に寝転がる男の人の真上から、10の10乗ずつカメラが離れて宇宙まで行って、今度はその逆に男の人の体の中まで進んでくっていうもの。マクロとミクロの世界が実はとても似ているように映し出されてる。
普段自分の尺度でものを考えてると、地球はデカイ。猫は小さい。といった目に見えるもののサイズで考えちゃいそうになる。でも視点を変えると実は自分もデカイし、すごく小さいんだって思えてくる。

デカイ山の中腹で、そんな事を思いながら溶岩を見ていた。
これは地球のカサブタなのかなぁ。


e0144890_1446348.jpg

溶岩は近くでみると軽石状でキラキラ光って見える。
火山から出来たハワイ島はこういう軽石状の地質の上にあるから、雨などがゆっくり濾過されて豊富な地下水があるのだそう。

そう、それと、
溶岩はハワイ島の火の女神ペレの体の一部だからこっそり持ち帰ったりしたらいけません。
火の女神ペレはとっても怒りっぽくって、自分の体の一部を持ち帰ろうものならその者に仕返しをするのだそう。おかげで黙って持ち帰られた溶岩石が、毎年2トンもハワイ島に送られてくるんですって(笑)

e0144890_1641047.jpg

女神ペレの体から一輪のお花が顔を出してました。
お前さんも過酷な大地に根を下ろし、強く生きてる可憐なコなのですね。

Mauna Kea Part 02につづく...。
[PR]
# by nyadaco | 2008-06-03 15:38 |   ├3rd day
04 April 2008 - 2st day #03 Diner


ワイピオ渓谷で乗馬をして、パーカー牧場でランチをした後、ハワイ島唯一のDFSのあるKings shopでお買い物タイム。
唯一ブランドショップもあります。

普段ブランド品など興味ございませんが、

お店をプラプラとしてたら、
「so cute!! アナタトウキョウのヒトでしょ!ヤッパトウキョウはチガウ!」
みたいな事をどこのお店でも言われちゃって喜んじゃったりして。
LVのショップでは、バックヤードから別のスタッフ呼び寄せちゃったりして、
「カノジョにもミセテアゲテ」
なんて腕時計やら靴やらを誉められ、ついつい気をよくしちゃってちょいとお買い物しちゃいました。

んがしかし。
お買い物はやっぱり東京が一番楽しい〜。
世界のありとあらゆる物は手に入るし、高価なものからチープなものまで選びたい放題!


ハワイの楽しみはやっぱり大自然よね。


夜はカイルア・コナのタイ料理屋さんでディナー
e0144890_1521346.jpg

あれ、旅行記なのに食事のことばっか書いてるぞ?!
パッタイと青パパイヤのサラダとチキンサテ。
普通に美味しかったです。


なぜハワイにあるのかよくわからんけど、映画『フォレスト・ガンプ』にちなんだレストランの前のオブジェでパチリ。
e0144890_15203340.jpg



そして2日目の夜は更けてゆくのでした。

Google Mapで3日目の後半ルートをチェック
[PR]
# by nyadaco | 2008-05-01 15:35 |   ├2nd day
04 April 2008 - 2st day #03 Lunch

PARKER RANCHのフードコートでグーグーのお腹を満たす。

タコスにチャイニーズ、そしてコリアン

どこで食べても外れが少ないチャイニーズをわたしはチョイス。
cokecoccoちゃんはコリアンをチョイス。

e0144890_23562022.jpg

ショーケースの中からお好みの料理を選んでのプレートですよ。


e0144890_2358102.jpg

レジ横にあった陶器の置物。
ちょろちょろちょろ〜っと水が流れてます。
陶器のでんでん虫もいます。
不思議です。


e0144890_23593219.jpg

で、選んだのは
野菜のオイスターソース炒めと
鶏唐揚げの甘酢ソース(地球上で一番唐揚げが大好き♪)
上海焼きそば。

これで$10以下だったかな。

L.A.に行った時も、こんなデリでこんな料理ばっかり食べてた。
わたしの中でザッツ・アメリカン☆な食事でございます。

ほとんど絶対外れナシ。
乗馬の後の腹ぺこなわたしには、ペロッとイケちゃう量でございます。

ちなみに、このパーカー牧場のあたりのワイメアという土地は、中国系の移民の方が多い所です〜。
次の日に知ったんだけど、せっかくパーカー牧場に行ったのにパーカー牧場のビーフを食べなかったのは、いただけなかった。

パーカー牧場は、東京23区の1.5倍。そこに5万頭の牛がいるんですって。
1頭あたり4.5エーカーの土地を使ってるんよ。
広い土地でノビノビと暮らしてる牛たちは、お肉も上質なのだそうで、その殆どはアメリカ本土に送られてるんだって。パーカー牧場以外でのパーカー牧場の牛肉を出している所は、逆輸入みたいに戻ってきたものなんだそう。

そうそう、今ってBSE問題でビーフジャーキー持ち帰れないのね。
そんな時代ですが、やっぱ食べておきゃよかったかな〜。
[PR]
# by nyadaco | 2008-04-23 00:18 |   ├2nd day

Waipio Valleyを馬で行く!

04 April 2008 - 2st day #02

ワイピオ渓谷はハワイ島の北部空から見ると緑しか見えませーん!

ワイピオ渓谷はカメハメハ大王の故郷だそうで、王家の谷とも呼ばれてるそうです。
かつては栄えていた町も1946年の津波による被害で、多くの住民がこの地を離れたのだそう。

e0144890_22402215.jpg

またもやタイムスリップしたような気分の小さな町を通りすぎ、なんとかワイピオ渓谷に到着した時、ポツポツと雨が...。

ハワイというと、あんまり雨も降らなそうに感じるけど(実際ホノルルの晴天率は70%)、ハワイ島は島の北東から吹く貿易風(トレードウィンド)が標高4000m級の大きな山々にあたる為、島の東側はよく雨が降り降雨率は40%。そのおかげで緑も豊か。
逆に西側は晴天率も高く山の中腹を除いて、海の側なんかは緑も自生しているものじゃなかったり、ホテルの緑が眩しいのは、雨のおかげじゃなく夜になると毎日放水しているからなんですって。

雨は、どんどん本降りモード...気持ちはブルーに。
オマケに寒い!

乗馬ツアーに参加する人達もどんどん集まって来た。
アメリカンファミリーに、チャイニーズカップル(新婚さんか?)、アメリカンカップルとわたし達。
ガイドはロコの陽気なお兄さんと金髪美人のお姉さん。(って、たぶんふたりとも年下だけど)



集合場所から、ワゴンに乗り換えお馬さんのいる渓谷の下の方へ。
豪雨と言ってもいいくらいの降り方だったから、デジカメは車に置いてちゃちいけど携帯のカメラでちょこちょこ撮ろうと携帯を持っていざ出発!

e0144890_22594616.jpg

ごらん、あれが落差約360mのヒイラヴェの滝(HILAWE FALLS)
ハワイ島で一番大きな滝なんですって。滝大好き!
写真の真ん中の白いのがソレね。オホホ、携帯のカメラ、ちゃっちいわ...。

ガイドのロコの兄さんが、みんなに「バンザイして」っていうから、車の中でバンザイすると、兄さんまでハンドルから手を離してバンザイしながら、「傾斜45度はあるんじゃね?」ってくらいのものすごい傾斜を下ってく。しかも道幅狭ス。ほんでオフロードカーしか行けないよな舗装悪しな道ですよ。
でも、みんなキャーキャー言って楽しんでる。


e0144890_2321536.jpg


心配した雨は、渓谷の下の方に行ったらやんでくれた。
さすが王家の谷、訪れたわたし達にちょっぴり試練を与えたのかしら。
雨が上がって、あぁデジカメ持ってくればよかったとまた思うわたしなのでした。

そして、お馬さん達がいる所に到着。
e0144890_2391029.jpg

雨の後、これだけの緑に囲まれてるとマイナスイオンだらけって感じで本当に気持ちがいい。

そして、それぞれ免責の書類を渡され、英文だったのでチンプンカンプンだったけどサインして、ロコのガイド兄さんが、馬に乗る注意を説明してくれて、1頭ずつ馬を連れて来ては、参加者に割り振ってくれた。
小さな女の子には優しい馬を。男の人には力が必要な馬をってな具合に。
そして、わたしが呼ばれて馬に乗ったら、

「She is LAVI. Troublemaker」って...。

トトト、トラブルメーカーちゃんのラビちゃんですか!?
ぎゃふん。ドキドキ。
問題起こしたら、力強く手綱を引くんだよって。
あと手綱を短めに持つようにって追加でアドバイスを受ける。

「よ、よ、よろしくね。ラビちゃん」
e0144890_23102746.jpg


とは言ってもほとんどが初心者のホースライドですから、そんな...大丈夫よね。ラビちゃん?
って思ってたら、さっそく別のお馬さんのお尻を囓ってた。あはあはは。
そういうトラブルメーカーさんなのね。ツアーの間も他の馬に近づきすぎると他のお馬さんのお尻をカプリ。

e0144890_23232486.jpg

お馬さんのお尻、ピッカピカのツヤツヤだから囓りたくなる気持ちもまぁわかりますけど(笑)
小さな女の子も参加してたから、そのコの馬が暴れちゃったら大変!
ガイド兄さんの言いつけを必死に守るわたくしなのでした。


e0144890_232512.jpg

所々の絶景ポイントでガイド兄さんが写真を撮ってくれた。
大自然満喫ッス。

e0144890_23423648.jpg


e0144890_23235320.jpg

cokecoccoちゃんと


e0144890_2326172.jpg

後半はだ〜いぶラビちゃんとの呼吸も合って、自生していたハイビスカスを1輪頂戴して付けてみました。

ワイピオ渓谷を行くツアーは、馬に車に場所に徒歩にとアレコレあるけど、お馬さんツアーを選んで正解!
日本人はだいたい車のツアーで、トラックの荷台に数人乗って回ってた。
ツアートラックとすれ違うたびに、馬に乗るわたし達の写真を高級そうなデジカメでパシャパシャと。
「おねが〜い、その写真、後で送ってくれ〜」と、心の中で叫ぶわたしなのでした。


ツアーの後、

誰でもガイドブックのような美しい写真が撮れるワイピオ展望台でデジカメでパチリ。
e0144890_2331501.jpg

トレードウィンドや波が、長い時間をかけて作った渓谷。
自然ってやっぱすごいね。
[PR]
# by nyadaco | 2008-04-22 23:35 |   ├2nd day

Waipio Valleyを目指して!

04 April 2008 - 2st day #01

2日目のメインイベントは、ワイピオバレーで乗馬(HORSEBACK ABOVE WAIPIO)
e0144890_20503010.gif

この辺を馬に乗って回るの。

Google Mapでルートチェック

9:30AMまでに、Waipioの集合場所のWaipio Art Worksまで行かねばならぬ。

だいたい2時間くらいだから、7時くらいにホテルを出た。
まずは、コナ・コースト・ショッピングセンターのスタバで朝食。
日の出が6:30AM〜7:00AMくらいなんだけど、日が出たばかりで寒い。
なのに、アイスラテを頼んでしまったアホなわたし...。
e0144890_20555219.jpg

この後、ホット100%コナコーヒーも頼みました。ベーグルはクリームチーズサンド♪

e0144890_20581994.jpg

鳥さんと一緒に食べる。

そしていざ、コナから北を目指して出発〜!

e0144890_2059553.jpg

太陽が少しずつ高くなってくると、あたたかくなる。
太陽のありがたみを心から感じた。

そして190号線をひたすら走る。どこまでも....

e0144890_210245.gif



見える山はマウナ・ロア山(標高4,169 m)。
マウナ・ロアとはハワイ語で『長い山』
小山のように見えるけど、実はムチャクチャでかい山。
そして現役の活火山。
火口も体積も地球上で最も大きいんだって。


e0144890_2104632.jpg



見渡す限り、なにもない。

なんか耳が詰まると思ったら、なだらかなマウナ・ロアの裾野をなだらかに登っていたようで、気付けば雲がやけに低い位置に。

e0144890_2192716.jpg


この辺りは、つい最近まで全米で一番大きかったパーカー牧場。


e0144890_2112214.jpg


砂埃を巻き上げて、トラックが行く。

e0144890_21122234.jpg


ずっと、こんな道が続く...。

e0144890_21141845.jpg

とても山を登ってるとは思えないよね。
本当に広い。
ちなみにパーカー牧場の創設者は、あのカメハメハ大王の娘婿さん。
マスオさん状態の娘婿さんが創設者なんですって。

e0144890_21171452.jpg

そしてハワイなのに、だいぶ寒い。長袖パーカーとかで丁度いいくらいの寒さ。
確か、常夏の島・ハワイだったはず...。
標高が高いので、ハワイ島の中でもパーカー牧場ストアなんかがあるKamuelaの方は、避暑地なんですって。日本でいうところの軽井沢らしい。

それにしてもここまで見渡す限りなにもない景色が続くのを体験できるのって、貴重だわ。
北海道みたいだけど、北海道のがまだ家を見かけるもん。

e0144890_21191142.jpg

ここはアメリカ。ハワイ諸島の中で一番デカイBig Island.


Waipio Valleyを馬で行く!に続く...。
[PR]
# by nyadaco | 2008-04-11 21:34 |   ├2nd day